ブログ一覧

  • "Vision Forest" diary

    アートのエッセンスを活用して企業の価値創造を支援する革新的なプログラムであるVision Forest。 その推進責任者が、このプログラムの立ち上げから、最新の取り組みまでを綴ります。

    執筆者:斎藤立

  • 金魚鉢から見える風景

    シグマクシス会長が、日々会社を運営していく中で思っていることや感じていることを、綴っていきます。

    執筆者:倉重英樹

  • シリコンバレーを歩くと!

    シリコンバレーは単にベンチャーが集まっている場所ではなく、この地域全体がイノベーションをしている街。 日々の活動を通じて感じた様々な出来事を皆様と共有したく考えます。

    執筆者:加藤高洋

  • こむ・つぶ

    シグマクシスのコミュニケーション部ダイレクターが、思いついたときにつぶやくブログ。 ネタ的には大きなコトよりも、「こめつぶ」レベルの日々のコトをイメージして、つぶやく予定です。

    執筆者:内山その

"Vision Forest" diary

モノづくり企業の変革、FT特集に

遂に、Vision ForestがFinancial Timesの特集に登場!

日本のものづくりの会社をいかに「イノベーション創発型」に変えるのか? 東洋アルミの今須会長の問題意識からスタートする特集では、アートの力をエンジンに、次世代リーダーたちが自分と組織のCreativityに向き合う姿を描いて頂いています。

 ホワイトシップCEOの長谷部きみさんと共に、私もコメント残していますが、日本のものづくり企業が「イノベーションが必要」と口で言うだけでなく、本気で自己変革に取り組み始めた潮流を、肌で感じています。

世界中で紙面になっているらしいので、反応が楽しみです。
http://on.ft.com/24wK1L4

Financial Times .jpg


"Vision Forest" diary

EGAKU暦2015

今年もチャリティーカレンダー「EGAKU暦」が出来ました。2014年の間に、Vision Forestでご一緒くださった経営者、様々な領域のリーダーたちの創作から、アーチストくにさんが12作品をセレクト。

多国籍のチームを率いて変革のただなかにある方、新たな会社で経営者としての挑戦を始めている方、地方から果敢に新事業創生を仕掛けている方。作品を見返しながら、改めて素晴らしい方々とセッションをご一緒できていることに、感謝しています。

 blogger-image--1775597185.jpg

 

Diamond ハーバード・ビジネス・レビュー(DHBR)の岩佐編集長にランチにお誘いいただいたのは数か月前。DHBRの編集長って、きっと理論家で怖そうな人なんだろうな、と勝手に想像していたのですが、現れた岩佐さんは文豪のような表現へのこだわりと、直感の鋭さを感じさせるチャーミングな方でした。

お話している中で、「この方が自分の思いを描いたらどんな作品ができるんだろう」という好奇心が働き、「よかったらVision Forestの体験セミナーに参加されませんか」とお誘い。意外にも、「やってみたいですねー。絵は昔から苦手なんですが、ビジネスにおける創造性に関心がありますし・・・」と即答でした。
 
その結果、岩佐さんから何が生まれたのか。先日、素敵な体験記が届きました。経営者もプロフェッショナルも、実はロジックだけでなく感性を高度に使っている、ただ、その筋肉を自覚的に磨いている方が少ないだけ、と私は信じていますし、素敵な人に出会うたび、「この人はどんな絵描くのかな」と気になってしまうのですよね。
 
表現は自らのビジョンと向き合うことでもあり、等身大の自分を見つめること。常に葛藤と隣り合わせで、怖い行為でもありますが、勇気をもって飛び込んでくださる方々が美しい作品を生み出す瞬間のぞくぞく感を、今回も味あわせて頂きました。次は、創作のプロセスの先にある、組織変革のプロセスについても、多様な実例をもって語れるよう、我々も進化してゆきたいですね。
 
岩佐さんの編集長ブログはこちら。ぜひ皆でDHBRも応援しましょう!
blogger-image--1925186291.jpg 
お世話になっている皆様
いつもさまざまな形でVision Forestを支えて頂き、ありがとうございます。
 
一点、ご連絡です。小谷真生子さんが新たにキャスターになられたBSジャパン「日経プラス10」で、Vision Forestの取組みを特集頂くことになりました。
 
放映は本日、5月15日(木)夜10時。生放送のトーク番組で、私 x ホワイトシップ長谷部貴美さんの2人で約25分、「経営者の創造する力を覚醒させるビジョンフォレスト」というテーマで、お話しさせていただく形になります。(ちなみに、小谷・山川キャスターはちょうど昨日、ご自身でもワークショップに参加し、想いのこもった作品を描いてくださっており、その一部は番組でも放映される予定です)。
TYK.jpg
東洋経済オンラインで、ホワイトシップ長谷部きみ社長との対談を特集頂きました。

TEDで出会った記者の方が、興味をもって、シグマクシスに来てくださったのが、今年の夏前。実はロンドンに移るため、退社の手続きもほぼ終え、もう記事を書く予定はなかったようなのですが、その場で、これは凄く面白い、辞める前にこの原稿は書きます、とご本人。ほぼ即興的な語りを、ロンドンに移った後まで手を入れて、まとめてくださいました。
 
きみさんとの対談は初めて。でも、信頼する事業パートナーとの対談は、リラックスしてその場にいるだけでも次第に話が膨らんでゆくのが楽しいですね。Vision Forestが生まれる前の裏話も含めて、普段しない話も載っているので、お時間のあるときご覧ください。
 
価値創造に取り組むリーダーは誰でも、ロジック同様にアートの可能性も使いこなせる、そんな社会ができると、皆がもっと幸せに生きられるのではないか、と思っています。競争や恐れではなく、美を自由に楽しむ感覚や愛情が、道を歩く人々のデファクトの感情になるような世の中が創れたら、素晴らしいと思いませんか。
 
東洋経済オンライン 「企業にこそアートを導入すべきだ!コンサルタントとアーティストが手を組んだ」
PAGE TOP